サイトメニュー

会長のあいさつ

第46代会長就任のご挨拶

皆様におかれましては、日頃より私たち自由民主党宮城県連に温かいご支援ご指導を賜り、心より感謝と御礼を申し上げます。

先般の第62回(平成29年)自由民主党宮城県連定時大会において、第46代の宮城県連会長に選任され、県連運営の重責を担うこととなりました参議院議員の愛知治郎です。

私が自ら志した政治の原点は、「信頼される政治家でありつづけること」と「正しく機能する政治を実現すること」であり、これまでも「誇りある日本を取り戻す」、そして「みやぎの笑顔を取り戻す」ために、全力で行動して参りました。

今後は、宮城県連会長として、国内外で諸課題が山積するなか、責任をもって国を担い明るい未来を拓くことのできるのは私たち自民党を中心とした政治しかないとの自負と自覚のもと、全県の皆様の声をこまめに聴きながら、「復興の加速化」と「地方創生」を最優先に、地域の発展と県民福祉の向上のため最善の努力をして、国民・県民の負託に応えていく決意です。

日本、そしてみやぎの、笑顔ある未来を守り抜くために、これからも引き続き全力で行動して参ります。何卒、一層のご支援ご協力、ご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

自由民主党宮城県支部連合会 会長
参議院議員 愛知治郎

自由民主党宮城県支部連合会とは

自由民主党宮城県支部連合会(自民党宮城県連)は、宮城県内の各市町村ごとに活動する自民党の地域支部と職域支部などの連合体として組織しています。

各地域支部は、それぞれの地区における活動を通じて、自民党が進める政策の実現に努めると共に、地域活動や各種ボランティア活動の先頭に立ち、住民の皆様との連携を図りながら活動しています。また、地域支部のほか、衆議院・参議院選挙区を単位とする選挙区支部、比例区支部、特定の職域を単位とする職域支部などを設置しています。

自民党の綱領・立党宣言に基づく政策の立案と実現を目指す自民党宮城県連は、宮城の政治、日本の政治に責任を持ち、東日本大震災からの早期復興や地域経済の活性化等、 私たちの宮城県が抱える諸課題の解決に向けて、県民の皆様の声を大切にしながら、一致団結して全力で邁進します。

自民党宮城県連は、すべての県民の皆様のご意見をいつでもお待ちしております。