サイトメニュー

新型コロナウイルスによる感染症への対応について→詳しくはこちらをご覧ください

→新型コロナウイルス感染症の支援策

あなたが使える緊急支援

自民党宮城TV

宮城未来塾 第11期(令和4年7月開講)

  • 第6回 宮城未来塾 塾生報告会・卒塾式

    令和4年12月17日(土)於:仙台市内
    講師:有村治子 参議院議員・党中央政治大学院長

    12月17日(土)、自民党宮城県連第11期宮城未来塾「塾生報告会」・「卒塾式」を開催しました。はじめに、伊藤信太郎塾頭代理あいさつ、そして高橋伸二 塾長より「塾生報告会」の運営について説明があり、塾生が事前に準備したそれぞれの課題について「私のビジョン」の発表を行いました。説明用紙(模造紙)を用いて、1人制限時間4分間での発表の後、塾生と役員がそれぞれに採点し集計、厳正なる審査を経て成績優秀者を選びました。

    教育・子育て・福祉・医療・農林水産業・地方創生、まちづくり・観光戦略等様々な論点から、塾生独自の切り口、観点に着目し考察を加えた素晴らしい発表・最終報告の連続となりました。甲乙つけがたい審査、選考となりましたが以下の審査結果となりました。

    〈審査結果ー宮城未来塾大賞ー〉

    ○最優秀賞
    皆川忠徳さん
    「少子超高齢社会における地域医療」~信頼される病院づくり~

    ○優秀賞
    伊藤俊さん
    「魂の新しいローカルコミュニティづくり」
    ~農業×福祉×防災×観光を組み合わせた人が集い、繋がり、広がる地域創生のカタチ~

    ○副塾頭賞
    菅原麻紀さん
    「首相を目指す仲間づくり」

    ○塾長賞
    石森靖明さん
    「歩いて作るスマートシティ」~医療費削減を目指して

    ○元塾長賞
    小川宗寿さん
    「満ちの益 大衡 構想」
    及川善賢さん
    「田舎の地域づくり」

    成績優秀者に対し表彰を行い、伊藤信太郎塾頭代理が講評を述べました。その後卒塾式では卒塾証書を塾生一人ひとりに授与しました。

    今回で第11期宮城未来塾の最終講義となり、塾生のみなさんは卒塾いたします。1年間の講義を通して得た学びの機会を大切に、今後は塾での経験をそれぞれに活かし、より良い地域社会の構築に向け、最大限に貢献、活躍いただければ幸いです。塾生のみなさん1年間ご参加いただきありがとうございました。また宮城未来塾の開催にあたり、ご協力いただいた多くのみなさまありがとうございました。こころより感謝、御礼申し上げます。

    また当日は記念講演会を開催し、有村治子 参議院議員・党中央政治大学院長を講師に迎え、『日本の守りを創り固めなすために』と題しての記念講演、塾生との質疑応答を行いました。

  • 第5回 宮城未来塾 第5回研修

    令和4年11月19日(土)於:仙台市内

    11月19日、「第11期宮城未来塾」の第5回研修を実施いたしました。

    今回の「第5回宮城未来塾」は、「ワークショップ」として塾生それぞれのビジョンや施策などについて、そのテーマごとに塾生同士が多様な角度から意見を出し合い協働で掘り下げていくことを目的に実施しました。

    地域のこと、社会のことなど、さまざまなテーマついて、自分とは違う視点での意見をいただくことにより、塾生それぞれのビジョンのブラッシュアップに役立てていければと考えております。

  • 宮城未来塾 第3回党本部研修

    令和4年11月7日(月)・8日(火)於:自民党本部
    講師:友納理緒 参議院議員、青山繁晴参 議院議員、古屋圭司 憲法改正実現本部長

    11月7日・8日、「宮城未来塾」の第3回党本部研修を実施いたしました。7日は、総裁室や伊藤信太郎衆議院議員が局長を務める国際局長室などを見学した後、友納理緒参議院議員の「看護政策の現状と課題」、青山繁晴参議院議員の「魂からの国造り」、古屋圭司憲法改正実現本部長の「憲法改正・日台関係と台湾問題」と題する講演をいただきました。講師の皆様には、それぞれに現場を熟知している方しかできない有意義なお話をいただき、多様性のある充実した研修とすることができました。

    翌8日は、衆議院内を見学してから、本県選出の西村明宏環境大臣と秋葉賢也復興大臣を表敬訪問し、地域の抱える諸問題について、両大臣から国の対応などについてお話をお伺いするとともに、活発な意見交換をさせていただきました。

  • 第4回 宮城未来塾 第4回研修

    令和4年10月22日(土)於:仙台市内
    講師:菊池美穂 富谷市議会議員(第7期生)、菅原正和 仙台市議会議員(第2期生)、森下千里 第5選挙区支部長代行

    前半は宮城未来塾卒塾生等による『政治を志した理由について』と題しての講演会を実施。卒塾後地方議員として活躍している2人の卒塾生、「菊池美穂 富谷市議会議員」、「菅原正和 仙台市議会議員」、と「森下千里 第5選挙区支部長代行」の講演、そして塾生との意見交換、質疑応答を行いました。

    その後グループに分かれての討議。「講演を聴講して考えること」をテーマに政治を考えるきっかけや、自らのミッション、社会に対する危機感やビジョン等について、多様な角度から掘り下げて、ブラッシュアップを図り、進むべき新たな方向を見出して行くことを目的としたワークショップを開催。3人の講師の話を聴いて、塾生それぞれが思い描く政治、この国の未来像を塾生同士で議論。前向きな方策、アイデアを互いに提案しました。現実的な政策、事業となるように塾生同士議論を重ね、新たな視点を取り入れ、それぞれのビジョンについて意見発表を行いました。

  • 第3回 宮城未来塾 第3回研修

    令和4年9月17日(土)於:ホテル白萩
    講師:上川陽子 衆議院議員・党本部幹事長代理・元法務大臣

    9月17日(土)ホテル白萩において、第11期宮城未来塾第3回研修を開催しました。

    当日は、上川陽子 衆議院議員・党本部幹事長代理・元法務大臣を講師にお迎えし、『国民生活の安心・安全と法務行政について』をテーマに講演をいただきました。上川陽子衆議院議員は現在、自民党の幹事長代理として自民党の政策決定、意思決定の場に中心的な役割を担われています。また国民の安全・安心を守る法務大臣を3度経験、法務行政に携わり、いま我が国が直面している喫緊の課題を乗り越えるべく、各政策分野ごとに応じたきめ細やかな法整備に向け、日々尽力されています。

    今回は、子どもの人権や少年法改正、再犯防止などの基盤的テーマ、喫緊の課題としてチルドレンファースト、離婚等に伴う子の養育、性犯罪や、性暴力対策の課題、また出入国在留管理やウクライナ避難民対応等について等国際的な課題についても分かりやすく丁寧に、塾生へと説明いただきました。塾生からも「国民がいま求める政策、国民の安心安全を守るための政策、法整備がどのような順序を経て進められているのか、その疑問に答えていただく貴重な機会を得ることができた」との感想が寄せられました。その後、塾生同士の振り返りワークショップ・グループディスカッションを行い、活発な議論の後、各グループごと様々な視点からの意見発表を行いました。そして、伊藤信太郎塾頭代理の講評の後、佐々木心副塾長から今後の研修について説明し第3回研修を終了いたしました。

    またその後、自民党宮城県連女性局(とのさき浩子 県連女性局長)開催の『女性局 第2弾 リバティ―タイム』にも参加いただき、女性局メンバーと懇談、意見交換いただきました。上川陽子衆議院議員・幹事長代理ご参加、ご講演ありがとうございました。

  • 第2回 宮城未来塾 第2回研修

    令和4年8月21日(日)於:女川町視察・研修
    講師:須田善明 女川町長

    8月21日(日)、『第11期宮城未来塾?第2回研修』を開催、今回は女川町へと視察研修に伺いました。

    はじめに、「シーパルピア女川」、また昨年の地震で被災した女川駅の「湯ぽっぽ女川」営業再開セレモニーへ。その後、須田善明女川町長を講師に迎え、「復興まちづくりの現状」についての講演があり、須田町長と塾生との意見交換、質疑応答を行いました。

    昼食の後、午後は女川原子力PRセンターへ。塾生は電力、発電の仕組みや安定供給、エネルギーミックスについての考え方など学んだ後、バスに乗車し女川原子力発電所構内を見学。施設職員のみなさまより、地震や津波また火災や自然現象など様々なリスクに備え、国の新規制基準を超え、自主的かつ継続的に原子力発電所の安全性向上に取り組んでいる旨の話があり、また実際に現地でその施設を紹介、ご説明いただきました

  • 第1回 宮城未来塾 入塾式・第1回研修

    令和4年7月23日(土)
    講師:西村明宏 塾頭

    自民党宮城県連第11期 宮城未来塾「入塾式・第1回研修」が開催されました。新たに18人の塾生を迎えてのスタート。西村明宏 宮城未来塾塾頭よりあいさつの後、塾生一人ひとりに入塾証が伝達されました。その後、守屋守武宮城未来塾副塾長より今後のスケジュールと研修内容について説明がありました。

    第1部で西村明宏塾頭より講演と質疑応答、第2部では塾生同士のワークショップ。西村塾頭の講演を受けて「日本を守る。未来を創る!』をテーマにグループディスカッションを行いました。第1期~第10期までの多くの卒業生が激励に駆けつけ、第11期生とともにワークショップへと参加、熱い議論が交わされました。