サイトメニュー

新型コロナウイルスによる感染症への対応について→詳しくはこちらをご覧ください

→新型コロナウイルス感染症の支援策

あなたが使える緊急支援

自民党宮城TV

青年部の活動

  • 2014年10月05日

    『第6回自民党北海道東北ブロック青年部・青年局研修会 IN 岩手県釜石市・大槌町』

    10月4日(土)岩手県において、第6回自民党北海道東北ブロック青年部・青年局研修会が開催されました。当日は自民党北海道東北ブロックの青年部・青年局の代表が集まり、東日本大震災で被災の大きかった岩手県の沿岸部、釜石市、大槌町にて視察・研修等を行いました。釜石市鵜住居町地区の視察では、釜石市の若崎副市長、職員の方々のご案内で、復興事業の進む旧市街中心部やラグビーワールドカップ2019開催都市立候補に向けての会場候補予定地、鵜住居小学校・東中学校建設予定地、絆ハウス(ラグビーカフェ)等を視察し、復興への取り組みについて話を伺いました。またその後、世界遺産登録をめざす橋野高炉跡を視察しました。復興途上ではありますが、様々な工夫、アイデアを凝らしての釜石市の新しいまちづくりが始まっていました。釜石市での視察の後、大槌町内のホテルにおいて、碇川豊大槌町長を講師にお迎えして、『大震災津波からの復興について』~逆境から発想するまち~と題してのご講演を拝聴し、その後意見交換をいたしました。震災からの復興に向けて、町民と手を携え、一丸となって取り組む碇川町長の姿勢と熱い想い、そして新しいまちつくりを目指す数々の素晴らしい施策に、深く感銘を受けました。
    今回の研修会は北海道東北ブロック1年1度各県持ち回りで開催している研修会であり、今後も継続的に開催いたします。この地域の次世代を担う私たち青年世代の学び、研修の機会、また友情、絆を大切に育みながら、この北海道東北の発展、大震災から1日も早い復興に貢献出来れば幸いであります。今回幹事県として準備、設営に尽力いただきました岩手県連青年局また関係者のみなさま、本当にありがとうございました。感謝、御礼申し上げます。
    ~宮城県連青年部代表参加者~
    青年部幹事長  及川博仁
    青年部常任幹事 山田裕一(白石市議会議員)
    青年部幹事   大沼忠弘(大河原町議会議員)

    釜石市若崎副市長のご案内(釜石市鵜住居町)

    釜石市若崎副市長のご案内(釜石市鵜住居町)

    ラグビーワールドカップ2019開催立候補に向けての取り組みについて(誘致候補地視察)

    ラグビーワールドカップ2019開催立候補に向けての取り組みについて(誘致候補地視察)

    絆ハウス・ラグビーカフェ(釜石市鵜住居町)

    絆ハウス・ラグビーカフェ(釜石市鵜住居町)

    世界文化遺産登録への取り組み(橋野高炉跡)

    世界文化遺産登録への取り組み(橋野高炉跡)

    岩崎友一岩手県連青年局長のごあいさつ(講演会冒頭)

    岩崎友一岩手県連青年局長のごあいさつ(講演会冒頭)

    碇川豊大槌町長『大震災津波からの復興について』~逆境から発想するまち~ 講演①

    碇川豊大槌町長『大震災津波からの復興について』~逆境から発想するまち~ 講演①

    碇川豊大槌町長『大震災津波からの復興について』~逆境から発想するまち~ 講演②

    碇川豊大槌町長『大震災津波からの復興について』~逆境から発想するまち~ 講演②