サイトメニュー

政調会の活動

平成30年平成29年平成28年平成27年平成26年平成25年平成24年平成23年

平成25年

  • 2013年09月02日

    第10回「県民の声を聴く会」

    仙台市老人福祉施設協議会、仙台市地域包括支援センター連絡協議会、仙台介護サービスネットワーク、介護保険制度研究会の皆様と「介護保険制度改革への提言」として意見交換を行いました。

    介護従事者の安定的な人材を確保するため、介護従事者の処遇改善を図る必要性や持続可能な介護保険制度を確立するため、施策の見直しに当たっては、低所得者に配慮すること。予防給付の保険制度からの切り離し、多床室の給付範囲の見直しには慎重に検討するよう意見がありました。
    P1020789_sP1020793_s

  • 2013年09月02日

    第9回「県民の声を聴く会」

    様々な事情から家庭で暮らすことのできない子ども達を預かり、家庭生活の中で養育していく里親の方々で結成している「仙台市ほほえみの会」の皆様と里親制度の現状について、意見交換を行いました。

    中嶋嘉津子会長からは、里親委託率の推進、里親関係諸費の充実、18歳以降の措置解除後の支援、里親会支援の充実、特別養子縁組後の支援等、里親・里子が抱える問題について意見が述べられました。特に愛着障害の問題、適齢年齢での委託推進、里親・里子に対する経済的支援、継続的なメンタル的な支援を求める要望がありました。

    P1020784_s

  • 2013年06月30日

    第8回「県民の声を聴く会」(石巻グランドホテル)

    P1020733石巻市及び東松島市の商工会議所、商工会、漁業、運輸、JA等の代表者の皆様から震災復興加速化について、ご意見ご要望をお伺いするため、「県民の声を聴く会」を開催しました。

    意見交換では、グループ補助金の要件緩和と中心市街地の再開発に対する助成、緊急事態に対応する土地収用に関する法整備の確立、東京電力に対する厳しい対応、県産品の販路拡大に向けた知事のトップセールスの強化、観光面からはコバルトラインの大原インターまでの復旧、未だ危険な状態の金華山の参道の修復等の要望が寄せられました。

  • 2013年06月23日

    「道州制に関する勉強会」(KKRホテル仙台)

    P1020694道州制は、まさに国のあり方を根底から見直すもので、これまでの中央集権体制を改め地方分権型国家を構築し、中央地方の行財政の効率化と二重三重行政のムダをなくす大きな改革であり、国のモデルチェンジとなる道州制についての理解と認識を深めるため、「道州制に関する勉強会」を開催しました。

    講師は、道州制論者として一貫して推進している村井嘉浩宮城県知事を迎え、「道州制、地方分権の究極の姿」と題しまして講演をいただきました。

  • 2013年06月10日

    第7回「県民の声を聴く会」(ホテル大観荘)

    P1020680

    塩竃市、多賀城市、松島町を始めとする二市三町の商工会議所、商工会、観光協会の皆様から「観光振興及び地域産業の現状について」、ご意見ご要望をお伺いするため、「県民の声を聴く会」を松島町で開催しました。

    震災以降の松島への観光客は8割程度の回復で、修学旅行生や海外からの観光客は4割程度の回復で原発に伴う風評被害の影響の報告や観光客の回復を図るため、三陸道の通行料の引き上げ、仙台空港の整備と着陸料の引き上げ等の要望、景勝地・歴史・海の幸といった地域の特性を活かし連携した地域づくりの必要性について意見がありました。