サイトメニュー

支部・党所属議員情報

  • 2017年05月03日

    「第19回公開憲法フォーラムin仙台」

    憲法施行70年「第19回公開憲法フォーラムin仙台」
    今の憲法は「自衛隊の存在」「緊急時のルール」「家族の大切さ」が書かれていません。言うまでもなく憲法改正は自民党の党是でもあり、自民党宮城県連学生部が、司会・学生の声を務めて頂きました。全世代の国民の叡知を結集し各論まで落とし込み、2020年新憲法施行に向け、私も行動・発言を続けて参ります!

    青年局長 佐々木幸士
    ______________________

    【今日は憲法フォーラムに参加!】
     各世代の憲法改正提言にて大学生を代表してスピーチをさせていただきました。
     身に余るほど光栄なことで、このような機会をいただけたことに大変感謝致します。
     また、今までの場数を踏んできた経験で何とか大役を果たすことができました!
     会場に来ていただいた方々は本当に自衛隊と日本の将来を真剣に考えていると思います。
     平和で安全な社会の維持に貢献している自衛隊を憲法に堂々と根拠に基づかせることは、自衛隊の使命、ひいてはこの国の将来にとっても重要なことです。
     「この国を守る」ということは次世代への責務でもあり、我々若者世代の役割でもあります。
     改憲か護憲か、様々な意見を寄せ合い日本国憲法について議論をしていくことは、国民投票の結果がどうあれ、この時代に生きた我々が責任を持たなければなりません。
     そのためにも次の世代には胸を張れるような日本国憲法でなければいけないと思いました(^_^ゞ

    学生部 三澤